セラミックインレーについて

魅力的な笑顔には、前歯だけでなく奥歯(臼歯)の状態も重要です。特に金属の被せ物ある場合、白い歯との違いが目立ちます。奥歯(臼歯)の治療跡の金属色を取り除くためには、セラミック・インレーが有効です。

セラミックインレー治療前
セラミックインレー治療後

奥歯などに詰めてある金属を取り除き、白く修復することが可能です。 「笑ったときに見える金属が嫌」という理由で、治療される患者様が増えています。

銀歯(アマルガム)の代替に

「笑ったときに見える治療歯の金属を白くしたい」と治療される患者様が増えています。
そういった患者様の大半は、アマルガムという銀色の詰め物をしています。「歯科用水銀アマルガム」の略で、主に虫歯治療のために歯に充填された歯科治療材です。

アマルガムは健康保険の適用材料として認定されており、一般的に使用されてきました。
以前に、奥歯の虫歯を治療したことがあり、その部位に銀色の詰め物がある場合、かなりの確率でアマルガムだといえるでしょう。治療では広く普及していたアマルガムですが、70年代をピークに近年では使用量は減少しています。

現在でも保険が適応するので、医院によっては使用される場合もあるようですが、アマルガムの安全性を疑問視する声もあがっています。アマルガムは、銀・スズ・銅・亜鉛、水銀などが含まれる合金です。水銀が高濃度に含まれています。アマルガムはお口の中で劣化し、腐食しやすい傾向があるため、人体に影響を及ぼすおそれがあります。

アマルガムが腐食するのは、唾液が電解液として作用し、その他には、果物・野菜・コーヒー・お茶などの酸も、化学反応を引き起こす要因となります。また、アマルガムは物を噛む際など摩擦が生じた時に、その熱で水銀を含んだ蒸気を発生するともいわれます。その結果として、水銀の粒子や蒸気が体内に流出し、自覚のないままに吸収され、腎臓、肝臓、脳などに蓄積される可能性があります。

アマルガムに代わる様々な新しい材料の一つに、セラミックインレーがあります。
当院では、これからの治療にはアマルガムを使用しないよう、また現在お口の中にアマルガムがあるならば、それをより安全な材料に代えるよう、お勧めしております。

治療費(税抜)

セラミック・インレー 1本¥55,000〜70,000

施術データ

治療期間(回数) 通院2回、1歯につき約1〜2時間
麻酔 局所麻酔

ご予約・お問い合わせはお電話、または問い合わせフォームよりどうぞ。

Pgaetop