セラミッククラウン治療の流れ

治療の流れ1

カウンセリング

十分なカウンセリングを行って、患者様の希望を伺い、治療が始まります。カウンセリングの時から歯の形態やどのようにしたいかコミニュケーションを取ってまいります。

麻酔

この治療では治療する局所に麻酔を使用していきます。極細針で注射していきますが、さらに注射が痛くないように、麻酔クリームや麻酔スプレーを使用して出来る限り麻酔時に痛みの少ない様に心がけて行います。

麻酔が効いてきましたら、セラミッククラウンを治療する歯を調整するために削っていきます。

治療の流れ2

神経の治療

歯の神経の治療を行わない歯もありますし、虫歯や歯並びの状態で神経の治療が必要な場合は歯の神経の治療をしていきます。

仮歯

治療中は仮の歯を作成いたします。治療開始からご希望であれば、ご本人の希望の形態に合わせて、その日から仮の歯をはめていただきますので、治療の日から最終的な形態に近い状態の歯並びにすることが可能です。

次の治療の際にはさらにきれいな、患者様の希望にあった仮の歯をお作りして、治療中も新しい歯が入った様な状態で生活をしていただけます。

治療の流れ3

土台の作成など

神経の治療をされた方には、症状がなくなりましたら神経の治療を行った根に薬を詰めます。
その治療が終了したら、歯の方向やセラミッククラウンをかぶせる歯の強度を保つために土台を作成していきます。

歯の神経の治療をされない方はこの部分は省かれます。

セラミッククラウンの製作

土台となる自歯の調整が終了しましたら、精密な歯型をとり、周囲の歯の色や形に合わせてセラミッククラウンを製作していきます。

当院はセラミックを作成するスペシャルリストな技工士と連携をしています。今までの医師と患者様のコミュニケーションで決めてきた、歯の色や形、歯並びの具合などを基に丁寧に作られていきます。

セラミッククラウンの装着

丁寧に作られたセラミッククラウンが完成しましたら、最後に装着をします。

口腔内で噛み合わせなど微調整を行います。接着には歯科用の強力な接着剤を使用します。

ご予約・お問い合わせはお電話、または問い合わせフォームよりどうぞ。

Pgaetop