虫歯・欠損歯・銀歯を白い歯へ

まだらな歯の色(1段目の写真)を統一して、きれいな歯並びにしたいと来院されました。
以前に虫歯で治療をしたそうで、向かって右の前歯には差し歯が入っています。
差し歯が元々黄色い歯で、形もシャープではないとのこと。

他の前歯には虫歯の治療で詰め物が至るところにしてあり、それが変色してまだらに黄色っぽく見えていました。

下の歯の歯ぐきの境を見ると茶色いものが沈着しています。これが歯石です。
まず、プロフェッショナルクリーニングを行い、口腔内の汚れを除去しました。
そして上の前歯はセラミッククラウン治療で色・形ともに整えて治療を行いました。

2段目の写真は向かって左の下の奥歯が欠損した状況です。
このような状況はインプラント治療と選ぶことが出来ますが、今回は短期間の治療を希望されたため、隣の歯を利用してブリッジのセラミッククラウン治療を行いました。

3段目の写真は向かって右の上の奥歯が欠損した状況です。
このような状況もインプラント治療と選ぶことが出来ます。今回は隣の歯を利用してブリッジのクラウン治療を行いました。
隣の歯が銀歯ですので、同時に歯を白くするためのセラミッククラウン治療を行いました。

奥歯は見えにくいため意外に放置をしている方が多く見えますが、咬み合わせにも非常に重要ですし、このように歯の無い状態を続けておくことは健康上よくありませんので、ご相談されることをおすすめします。

ご予約・お問い合わせはお電話、または問い合わせフォームよりどうぞ。

Pgaetop