上下額前突

見た目の印象は「出っ歯」に似ていますが、顎が上下とも著しく前にとびだしているものを指します。鳥に似た様相になるので、欧米ではこういった顎変形を「バードフェイス」と呼んでいます。

上下の歯が前に押し出しているため、唇が大きく厚くなっているケースが多いようです。幸い、顎形成術を行うと、唇は口の中に自然に納まるため、こういった問題は解消されます。

上下顎前突 施術方法

上下顎前突の場合、顎骨形成術がもっとも有効な治療方法です。症状が上下の顎骨にまで及んでいるため、歯列矯正だけでは治せるものではありません。 まずは上下の顎の移動です。全体の外見的なバランス、口の中の噛み合わせを微妙に調整しながら、それぞれ必要なだけ後退させていきます。ここで基準となるのがE-ライン。実際に定規を当てて確認をしながら、手術が進められます。 次におとがいの修正です。下顎の先端部分を水平に骨切りし、前に移動させます。血圧・脈拍数・心電図検査・胸部X線等の術前検査を行なったあと、手術は全身麻酔下で安全に口腔内より行われます。 入院は1〜2泊程度です。

上下顎前突

治療費(税抜)

上下顎前突治療 ¥1,500,000〜

施術データ

治療期間(治療回数) 約1ヶ月(詳しくは本文参照)
麻酔 全身麻酔
ダウンタイム 入院は1〜2泊程度です。

ご予約・お問い合わせはお電話、または問い合わせフォームよりどうぞ。

Pgaetop