ラミネートベニア 治療の流れ

1.初診

まずは、歯の状態とご希望をご相談ください。いくつかの治療法がございますので、最適な治療法をご提案し説明致します。

左の写真の患者さまは、隙間の改善の為に上の歯4本をラミネートベニア治療することになりました。

流れ1

2.歯の表面を削る

セラミックと呼ばれる「セラミック・シェル」を表面に貼る為に、歯の表面を0.3mm〜0.5mm程度削ります。

痛みをともなわずに通常は治療できます。

流れ1

3.歯形を取る

次に「セラミック・シェル」作成のために、歯型をとります。

流れ2

4.セラミックシェルの作成

約1−2週間の作製時間を頂きます。

こちらが出来上がった「セラミック・シェル」です。

接着面には、しっかり貼り付けるために、細かい処理が施されます。

流れ3

5.セラミックシェルと天然歯を接着

次は強力な接着剤で「セラミック・シェル」と天然歯を接着。
強力な光を当て、しっかりと固定します。

流れ4

6.セラミック周辺を磨く

接着したセラミックの余剰な接着剤を外し、磨いて終了です。
これで周囲の健全な歯とほとんど見分けがつかない、自然な歯が完成します。

流れ5